実施概要

写真家、評論家の眼が選ぶ

“スマホカメラ”をより深く楽しむためのアワード

DGPモバイルアワードは、スマートフォンのカメラ機能で「撮る」「観る」「残す」といった、“スマホカメラ”にまつわるあらゆるソリューションを対象にした、“スマホカメラ”をより深く楽しむためのアワードです。審査には、専門メディアなどで活躍するプロの写真家や評論家が参加。プロが認めるアイテムだけが選出されます。

受賞製品決定までの流れ

STEP
エントリー

関連メーカー(輸入商社含む)からのエントリーを受け付けます。実行委員会により、レギュレーションに則った精査が行われ、第一次審査(投票)の対象となるノミネートモデルが部門ごとに取りまとめられます。スマートフォン部門は、審査委員による推薦投票により推挙された製品がノミネートモデルとなります。

STEP
第一次審査<投票>

実行委員会により取りまとめられたノミネートモデルを対象に、審査委員による第一次審査が行われます。第一次審査は投票形式。ここでの投票結果が、本審査で受賞製品を選出するための基準となります。また審査委員が注目する製品がノミネートされていない場合、推薦モデルとして追加ノミネートされることもあります。

STEP
製品内覧会

第一次審査の期間中には、実行委員会によりメーカー内覧会も開催されます。アワードへのエントリー時点で未発表、または未発売の製品については、メーカーの担当者から直接説明を受け、実機もしっかりと試します。厳正な審査を行う上でなくてはならないステップです。

STEP
本審査<部門賞を選出>

第一次審査の結果をもとに、審査委員が一堂に集まり本審査会が開催されます。審査委員により厳正な審査が行われ、部門ごとに部門賞「金賞」「受賞」の製品が選出されます。部門によっては「金賞」のみの選出、「受賞」の製品が選出されない場合もあります。

STEP
本審査<特別賞を選出>

部門賞を受賞した製品の中から、最も優秀であると評価された製品が「総合金賞」「審査委員特別賞」「技術/企画賞」として選出されます。特別賞は、性能や機能だけでなく、デザインやコストパフォーマンス、創造性や提案性など、多角的な評価により選ばれます。

STEP
受賞結果発表

受賞結果は「DGPモバイルアワード」の公式サイトをはじめ、AV/オーディオ/ガジェット情報サイト「PHILE WEB」内のデジカメ専門チャンネル「デジカメCHANNEL」などで発表されます。

審査委員のご紹介

海上 忍

デジタル家電、コンピューターテクノロジー全般での豊富な知識を武器に、各種メディアで活躍するIT/AVコラムニスト。VGP審査員。

桃井一至

写真家。人物ポートレート、海外の風景などを得意分野とし、各種メディアで活躍中。DGPイメージングアワード審査委員。

山田久美夫

写真家。1978年に初の個展を開催。「DigitalCamera.jp」を運営する。DGPイメージングアワード審査委員長。

山本 敦

デジタルガジェット全般、IoT、AIスマートデバイスまで幅広くカバーする気鋭のジャーナリスト。VGP審査員。

弓月ひろみ

デジタル文筆家。ラジオパーソナリティやリポーターの傍ら、ライターとして雑誌、Webでコラムや記事を執筆。

木寺 務

株式会社音元出版 デジカメCHANNEL編集長。DGP実行委員会。